有痛性外脛骨

こんにちは、名張のマッサージ整体ほぐし庵です。

有痛性外脛骨とは、足の内くるぶしの少し下に、舟状骨という骨があります。

さらに、その内側に本来は存在しない骨が見受けられ、それが原因で出る痛みの事です。

だいたい赤丸の部分に痛みが出ます。

この付近に痛みのある方は、一度レントゲン撮影をお勧めします。

僕も数えるほどしか見た事はないですが、全て女性であり、必ず扁平足でした。

足裏のアーチをつくるためにインソールを入れる事、スポーツをされている方は、しばらく休養を取ることが一番有効です。

しかし、安静にしてるだけでなく、積極的に治療に取り組んでいく事で、改善が早まります。

後脛骨筋を含む、ふくらはぎの筋肉の緊張をゆるめる事や、足首、足裏へのアプローチにより症状を緩和することが可能です。

内くるぶし付近の痛みにお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

ほぐしコースのページはこちら

https://hogusian.com/?page_id=26

整体コースのページはこちら

https://hogusian.com/?page_id=27

小顔&O脚コースのページはこちら

https://hogusian.com/?page_id=28

いやし処ほぐし庵

名張市桔梗ヶ丘2-7-19

0595-65-5117

カテゴリー: ブログ パーマリンク